2010年02月14日

口癖が殺される恐怖

 冬季五輪が始まりましたね。五輪やワールドカップみたいな世界的な祭典は流行語の宝庫でもあります。これまでも注目された選手とともに「超気持ちいい」や「自分をほめてあげたい」など、多数の流行語が生まれてきました。近々では、皆さんの周りにも面白いと思って「反省してま〜す」とか言ってしまっている人がいるのではないでしょうか? そんなときは「引用によるユーモアは『ここでその言葉を持ってくるか』という言葉選びの意外性から生まれるので、今の日本人なら誰もが思い浮かべている出来たてホヤホヤの流行語を使っても、何ら趣がありませんよ」と返してみてください。たぶん、場の雰囲気が悪くなります。
続きを読む▼
posted by 古田雄介 at 21:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文、他 | 更新情報をチェックする

2010年01月24日

自虐の副作用

 取材の合間にカフェで仕事しているときは、周囲の会話に耳が向いて、ついつい無許可でリスナーになってしまうことがあります。仕事に集中していりゃいいのに。するべきなのに。
続きを読む▼
posted by 古田雄介 at 12:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文、他 | 更新情報をチェックする

2010年01月16日

グロテスクとは何なのか

 先日、亀が見たくなったので、妻と上野動物園に足を運んだ。正門の近くには鳥関係の檻があり、ちょうど飼育係の人がエサをバラまいていた。食事の瞬間を見られるのはラッキーなので、とりあえずフクロウを観察する。地面に転がっている鶏の頭をどうにか食べようとするフクロウ。すぐに丸呑みを断念して、くちばしで肉の部分をちぎる作戦に切り替える。なかなか賢い。と、我々の隣で見ていた男性が、連れの女性に向かって「うわっ、あれ鶏の頭だよ・・・。これ俺無理だわ・・・」と感想をもらして檻を後にした。
続きを読む▼
posted by 古田雄介 at 20:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文、他 | 更新情報をチェックする

2009年12月28日

映画館に行くことの意味を考えさせられた〜DVD『ジョニーは戦場へ行った』

 僕はそれほど映画好きではないので、映画館には滅多に足を運びません。思い返すと、2001年に『ハンニバル』を観に行ったのが最後ですね。だけど、『ジョニーは戦争へ行った』をDVDで観たあと、興味のある作品はなるべく上映中に鑑賞するようにしようと思うようになりました。以下、ネタバレを含みます。
続きを読む▼
posted by 古田雄介 at 00:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文、他 | 更新情報をチェックする

2009年12月19日

たまねぎのような負け惜しみ

 あんまり可愛いと思えないのに、なぜ皆がチヤホヤするのか理解できないという理由で、幼稚園の頃にはミッキーマウスをいけ好かない敵と認識していた。それから20年以上経過したけど、現在も味方にはなっていない気がする。そういう嗜好が染みついているから、今もアイドル産業は本能レベルで好きになれない。よく分からんアイドルグループが世に出てきてキャーキャー言われているのを見ると、つい「お前のカーチャン、デーベーソー」に近い感覚で「お前ら以外の日本人がすべて僕なら、お前らのビジネスは成り立つまい。ザマーミロ」とか考えてしまう。
続きを読む▼
posted by 古田雄介 at 20:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文、他 | 更新情報をチェックする

2009年12月15日

マスゴミについて

 遅ればせながら、掲載報告の「顔の見えるインターネット」のコメントで書いたように「マスゴミ」について書いてみます。捏造や偏向を含む情報があるときに生まれる「嘘や偏りまくりの内容を、さも客観的な事実のように発信するなよ」という反感が、マスゴミという言葉につながっていると思うわけですが、そういうことが起こるマスコミ側の原因を推測すると、以下のようになりました。
続きを読む▼
posted by 古田雄介 at 06:40 | Comment(21) | TrackBack(0) | 雑文、他 | 更新情報をチェックする

2009年12月05日

10銭白銅貨

 革製品みたいに使い込むほどに味が出るモノは、長く所有する楽しさがありますよね。革製の財布なんかは、表面がツルツルした新品を買っても、数年経てば、よく曲げる部分は柔らかくなり、指で触れる部分は色が薄くなったりします。そうやって、機能性が徐々に目に見えるようになってくる感じが独特の味を醸し出していると思うんですよ。
続きを読む▼
posted by 古田雄介 at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文、他 | 更新情報をチェックする

2009年11月30日

続・もっと顔の見えるインターネット

 僕は、ASCII.jpでインタビュー連載「顔の見えるインターネット」を書かせてもらっています。その関連として、2009年6月頃、1〜50回で取材させていただいた方々に、インタビューの感想やその後の変化などをメールで答えてもらう「もっと顔の見えるインターネット」という記念企画を行いました。その回答は、ASCII.jpの姉妹サイト「ワクテカ@works&technica」に随時掲載されていく予定でしたが、10月20日に休刊となってしまいました。
続きを読む▼
posted by 古田雄介 at 17:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文、他 | 更新情報をチェックする

2009年11月28日

たまには青臭いことを書いてみます

 先日、ターミナル駅でどこかの婦人会が「子供が楽しく暮らせる街にするために〜」などと言って署名を募っていた。たぶん繁華街の浄化運動の一環だと思う。そういうのはいつも何も考えずに無視して通り過ぎるんだけど、今回は通り過ぎながらちょっとした自己嫌悪を感じた。以前取材したあるイベントでの出来事を思い出したからだ。取材させてもらっている身分で個人の感想を書くのは気が引けるけど、イベントの本旨とは逸れたところなので、まあ、書く。
続きを読む▼
posted by 古田雄介 at 19:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文、他 | 更新情報をチェックする

2009年11月15日

続・もっと顔の見えるインターネット〜ちとらさん

 今回は『第44回 超定番解凍ソフトLhazはなぜ無料なのか』のちとらさんです。
・・・サイト名「ちとらソフト」&圧縮解凍ソフト「Lhaz

続きを読む▼
posted by 古田雄介 at 13:34 | Comment(2) | TrackBack(0) | 雑文、他 | 更新情報をチェックする