2008年08月28日

作品とエピソード

 アーティストがクスリで捕まると、その人の過去の仕事について「ドラッグの助けを借りて作った作品なんてゴミだ」って主張する人がよく出てくる。それぞれの作品の善し悪しではなく、作成者側の問題でゴミ判定するわけだ。

 ならば、作成にまつわるプラスのエピソードで、作品の汚名を挽回することもできるはずだ。たとえば、「ドラッグやってるけど、不治の病のファンのために書き上げた作品」だったら、プラスマイナスゼロに持っていけるかも。ただ、下手に叩けないし、持ち上げるのも憚られるから、タブー視される危険性がある。

 逆に、ドラッグが消し飛ぶようなマイナス要素をぶつけて、別次元に逃避する手もあるだろう。「ドラッグやってるけど、不治の病のファンのために書き上げたけど、死体を切り刻む音をサンプリングした作品」だったら、ちょっと話題沸騰。

 まあ、あからさまなパクリを除いて、作品は作品そのもので評価すればいいと思うわけです。

【追記】公開日の設定を間違えて2ネタ載せちゃいました。えへ。
posted by 古田雄介 at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文、他 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック